女性用水着の世界

デザインの違い

私たちが身につける衣服の中でも、プールや海での運動や遊泳、潜水のために使用するものを、水着と言います。水着は、水泳や潜水など、使用目的によってさまざまな種類に分けられ、それぞれにデザイン・構造・素材などの違いがあります。

水着の中でも、女性用のものは、デザインの違いから、大きく分けて「ワンピース」・「ツーピース」の2種類があります。その内、ワンピース水着は、トップスとボトムスがひとつながりになっているタイプです。ワンピース水着は、さらに細かく「モノキニ」、「Aライン」、「スリングショット」に分類されます。それらの中で、モノキニは、背後から見ると、ビキニのようなデザインになります。また、Aラインは、ボトムスにスカートが付いているため、その名の通り、アルファベットのAのように見えるものになります。そして、スリングショットは、首からボトムスまでが、2本のストラップだけでつながっているデザインです。

次に、ツーピース水着は、それぞれ独立したトップス・ボトムスによって構成されるタイプになります。こちらは、さらに「セパレーツ」、「タンキニ」、「ビキニ」に細分化されます。その内、セパレーツは、ビキニよりも肌の露出を抑えた感じのデザインです。